コードからツイートする方法
2022-04-22
red blue and yellow textile

コードからツイートする方法のメモです。

ツイートといってもログインもせずに、単に次のようにツイートの編集画面を開く方法になります。つまり、これで省略できるのは以下の操作になります。

  1. テキストエリアからテキストをクリップボードへコピー
  2. Twitterを起動
  3. [ツイートする]ボタンをクリック
  4. ツイート編集画面にクリップボードからテキストを貼り付け
コードからツイート画面に遷移

方法

これは、Twitter公式のDevloper PlatformTweet buttonに説明がありました。

これの”How to add a Tweet button to your website”の1から4までの3を見ると次となっています。

<a class="twitter-share-button"
  href="https://twitter.com/intent/tweet?text=Hello%20world"
  data-size="large">
Tweet</a>

これで、”Hello world”というツイートが設定されたツイート編集画面が開きます。

そして、4で説明されている widgts.js を使うことによって、次のようなボタンも表示できました。

widgets.jsによるTweetボタン

しかし、この widgts.js を使う方法が難しかったです。詳細は省略しますが、WindowsやAndroidでは動作するのに、iOSやMacではうまく動作させることができませんでした。ここはあきらめて、次のようなコードでも見た目(と性能?)に妥協すれば問題がなかったです。

<a href='https://twitter.com/intent/tweet?text=Hello%20world'>Tweet</a>

最終的な実装

今回は、Mantineを利用しているのですが、最終的に次のコードとしました。

つまり、上のコードの見た目だけ整えた形です(本記事の冒頭の画像参照)。

import { Button} from '@mantine/core';

:
:

<Button
  component='a'
  target='_blank'
  rel='noopener noreferrer'
  href={`https://twitter.com/intent/tweet?text=${encodeURIComponent(
    tateTweet
  )}`}
  leftIcon={<BrandTwitter size={18} />}
  styles={(theme) => ({
    root: {
      backgroundColor: '#00acee',
      paddingRight: 20,

      '&:hover': {
        backgroundColor: theme.fn.darken('#00acee', 0.05),
      },
    },
    leftIcon: {
      marginRight: 10,
    },
  })}
>
  Twitterに飛ぶ
</Button>

スタイリングのコードは無視すると、ポイントは次です。

href={`https://twitter.com/intent/tweet?text=${encodeURIComponent(
  tateTweet
)}`}

tateTweet にツイートの文字列が格納されていて、それをencodeURIComponentにてURIエスケープしています。