TanStack Tableを試してみました
2022-07-09
表

はじめに

ちょっとReactで表を表示するのによいライブラリがないか調べていて、とりあえず、TanStack Table v8 というのを試してみました(他にも色々あります)。これを使う上で2点ほど少し悩んだのでメモしておきます。

TanStack Table V8について

使い方はやや難しく感じましたが、ドキュメントは非常にしっかりしているという印象です。ヘッドレスUIということで、見た目の良し悪しはスタイリング次第です。

公式ドキュメント

試しに作ったもの

APIから持ってきたデータを表にしています。再度別の検索条件でAPIを実行すると表に示されるデータが変わります。1列目には、外部サイトのハイパーリンクが設定されています。

デプロイ:https://gudid-search.netlify.app/
コード:https://github.com/pitang1965/gudid-search

GUDID検索

少し悩んだところ

① データを更新しても表示が更新されない

新しいデータを次のように再設定しても表示が更新されませんでした。

:
const [results, setResults] = useState<Udi[]>([]);
:

const handleSearch = () => {
:
        setResults(udiArray);

② セルにハイパーリンクを設定する方法

上図の一列目のようにハイパーリンクを設定したい。

解決方法

① データの内容だけでなく位置が変わるようにする

:
const [results, setResults] = useState<Udi[]>([]);
:

const handleSearch = () => {
:
        setResults([...udiArray]);

② Cellプロパティにリンクコンポーネントを組み合わせる

最終的に次のようにリンクコンポーネントを使って記述しました。

const columns: ColumnDef<Udi>[] = [
  {
    accessorKey: 'id',
    header: () => 'UDI-DI',
    cell: props => <Link to={`https://accessgudid.nlm.nih.gov/devices/${props.renderValue()}`}>{props.renderValue()}</Link>,
  },

cellプロパティのところを、<a href ='https://accessgudid.nlm.nih.gov/devices/ ... といった文字列を渡すと、セルにコードが表示されるだけです。必ず文字列でなく、コンポーネントを指定する必要があります。今回の実験では次のような簡単なリンクコンポーネントを用意しました。

// src\Link.tsx

import { ReactNode } from 'react';

type Props = {
  children: ReactNode;
  to: string;
};

export default function Link({ children, to }: Props) {
  return (
    <div>
      <a href={to}>{children}</a>
    </div>
  );
}